セミリタイア方丈記

隠者の生活記録

メシマズ漫画を読んで思う事

 『妻のメシがまずくて離婚したい』という漫画が流行っています。

 料理の問題って結構センシティブで、美味いまずいの領域に留まらず、氏育ち!貧富の格差!菜食、マクロビ等主義の違い!女がメシを作り給仕をすべきか等の男女差別問題!肥満、痩せ、アレルギー、摂食障害等健康問題!とまあ、様々な問題を内包しているため簡単に結論を出そうとするのは難しいし危険です。

 当の漫画は、絵もシンプルで読みやすく、面白い。どっちかが悪者という設定でもないため何事かに対する怒りが沸騰してくるという事もなく、どうしたらいいんだ?と考えさせられます。

 私も、少なくとも料理の基礎は知っているつもりですが、正直料理は好きではありません。毎日欠かさず何品も作り、豊かな食卓を提供するのは不可能。それが悪いわけではない。

 でも、人が家族として一緒に暮らす場合、生活の質の価値観が違うのは、スタート地点ではあまり気にならなくとも、年月を経るにつれ巨大なストレスと化すので軽視してはいけませんね。

食事を「お腹に入れば一緒だし」と見てしまう感覚がこの話の問題ですが、よくあるオタ活グッズを捨てられた問題は、居住空間を「モノの収納倉庫」として見てしまうオタクのインテリア感覚のなさにブチ切れられているパターンが多いように見えます。モノはできるだけ多くストック派とミニマリストでは争いが起きるでしょうし、宵越しのカネは持たない派と節約貯金派は深刻ないさかいになりそうです。

 これらって、話し合いで擦り寄せていくのは結構難しく、結局、声の小さいほうが我慢するはめになりがち。共同生活する上では、日常生活の何を重視し何を軽視するのか、真面目に話し合って決めておいたほうが良さそう。

 メシマズ漫画は、よくよく読むと嫁が将来の不安からかなり無理して節約するために食事の味を後回しにしてるのがわかります。

 やはり経済的余裕がないと、生活はギシギシしがち…っていう身も蓋もなさで今回は終わりです。漫画が連載途中なので、今後どう落とし所が展開するのか、楽しみです。

 

 

 

用水路で釣りを楽しむ

休日の過ごし方が、コロナ禍で変わりました。

以前は街に出かけて買い物やカフェ、映画やコンサートなどが楽しみでしたが、人の密集を避けて、ついでに出費も避けたい。というわけで、魚釣りを始めました。

釣りといっても、延べ竿にウキと餌をつけただけの小物釣り。場所は家から半径5キロ以内の用水路や小川。

近ごろは小物釣りが流行しているのか、釣り方や仕掛けの作り方は動画サイトで見て覚えられます。

何とかそれらしい仕掛けを作り、グーグルマップで狙いをつけた釣りポイントへ出かけました。早春から開始して、最初はまったく釣れませんでしたね。

季節が早すぎて魚がまだ動いていないという事もありましたが、ウキが大きすぎる、エサか合わない、針が合わないなどもあったようです。

市販のタナゴ用仕掛けと、針を替えて改造したタナゴ仕掛け、エサはチューブ入りの赤い練り餌に替えて何とか少しずつ釣れ始めました。

釣りは幼少期に家族に連れられて行って以来なので、商業施設でもない用水路端に腰を下ろすだけでも当初はドキドキしました。人が座る場所として想定されていないところに座って見る景色。落ち着くと、蛇やトンボ、イタチや水鳥、カエルも姿を見せるため楽しくなります。同じポイントでも、日により魚影が違って来るので「今日はどうかな」と飽きません。他の釣り人と挨拶程度の会話をすることも。釣れた魚は、天ぷらにしていただきます。下ごしらえが大変ですが、市販されていない川魚の天ぷらはこうしてしか味わえないので格別。

これから暑くなるので、炎天下の釣りは熱中症の危険もあるため控えなくちゃな…でも、日陰が確保できる釣り場を探して出かけたいものです。

 

洗濯機の給水ニップル交換

水漏れというのは突然起きる生活の危機です。1リットルくらいの量が漏れても、結構な範囲の床が水浸しになります。

しかもそれが継続して漏れ続けるとなると、カビ、床や家具の腐食、集合住宅なら階下への影響など大きい問題が待ち受けているので早急に対応せねばなりません。けれども修理は結構厄介。よくポストに突っ込まれているマグネットの業者はボッタクリが多いと聞くし、ネットや電話帳を調べてもどこが良心的なのかわからない。市のホームページで指定業者を探しても、電話してみたら対応していないと言われる…

先日、洗濯機に水道管から水を注水する栓のあたりから、ポタンポタンと漏れ始めたのですが、そんな事情で暫くは、下にオケを置いて漏れる水を溜めては捨てる、という方法で凌いでいました。

ポタポタの頻度が早くなっていよいよ根本的修理をしなければならなくなり、ものは試しとネットで給水栓の交換を調べたら、見た目よりは簡単に付け替えられると知り、自分でやってみる事にしました。

まず、栓のタイプを見る。f:id:semihoujyou:20210605070124j:image

上のハンドルは通常開けたままにしているはずですが、これをしっかり閉めて、心配なので戸外の元栓も閉めました。

下のホースとの継ぎ目を捻って外しました。

f:id:semihoujyou:20210605070631j:image

外してみた破損部品は左。フチにヒビが入っており、ここから水が漏れていたようです。右はなぜか家にあった、別のタイプの新品の部品。この二つには互換性はなく、仕方なく新しいものを買いにホームセンターへ。サイズがわからないといけないので、破損部品をそのままホームセンターへ持って行きました。

f:id:semihoujyou:20210605072931j:image

購入したのはこちら。ニップルというのですね。初めて知りました。

自動ストップ付き、黒いゴムのパッキン付きタイプを購入。800円くらい。

f:id:semihoujyou:20210605073700j:image

最初にニップルを取り付けました。ネジに合わせて回すだけなので簡単。パッキンはあらかじめニップルの中に入れておきました。

f:id:semihoujyou:20210605073802j:image

ニップルがついたら、ホースをその下に。突起がガッチリ引っかかるように差し込み、ニップルの外側のリングをしめて固定しました。

f:id:semihoujyou:20210605074011j:image

出来上がったところ。

元栓と上のハンドルを開いて洗濯機を使ってみたところ、水漏れも止まり一安心。

今までこんなところ点検したこともなかったけれど、今はたまにニップルが緩んでいないか、ヒビ割れがないかなど、見るようにしています。

自分での修理は結果も自己責任となり、慣れないと怖いものですが、使っている器具の構造を知ることができるし、安上がりなのでこれからも機会があれば(電気関連以外は)挑戦したいと思っています。

 

 

 

 

生活動線を快適に

今週のお題「間取り」

かつて住んでいた家は、ワンルームのロフト付きでした。天井が高く、広さもそこそこあり当初は快適に感じたのですが、だんだんと不都合が出てきました。

西向き一階の真ん中なので陽当たりが悪く、昼も薄暗いこと。風通しも悪く、湿気がこもりやすい。気づくと本棚の裏にびっしりカビが。それでも立地の便利さゆえしばらく住んでいました。数年後には、湿気のせいか謎の皮膚疾患に悩まされ、廊下に排気される他の家のタバコ臭に辟易し、薄暗さに滅入り、ほとんど家に帰りたくなくなってしまって夜は閉店間際までカフェにいるという、不経済な生活でした。

今は田舎の4LDKに住んでいます。かつてと比べたら、陽当たり風通し、申し分ないのですが何しろ、生活動線が長い。異様に長い廊下を挟んで部屋がついている間取りなので、日常的に行う事をする部屋を目的別に分けて、使う道具もそこに集めるようにしないと動線の長さに嫌気がさして結局家事がおろそかになり、家が荒れて行きます。今の所解決していないのが洗濯場と干す場所、服やタオル、シーツを収納する場所、アイロンかけなどをする場所が全部離れている事。よっていちいち大量の服やタオルを持ち運ばなくてはならず、洗濯とそのあとの片付けが最も億劫な仕事となっています。ただ、洗濯機は風呂場の隣から動かせず、干すのも二階のベランダしか場所はなく、収納は各部屋のタンス、一箇所に集めるのわけに行かないので工夫の余地があるのはタオル、リネン類の収納くらいかな?干すのをベランダで行わず、風呂場の浴室乾燥と洗濯機の乾燥機でやるようにしたら少しはマシになるかも。

かつてゴミ屋敷寸前だった頃を思うとこの家も割と家らしくなったと思うのだけど、まだまだ蓄積したガラクタがこびりついてるような場所もあるし、効率のいい暮らしには今一歩のところなのです。

 

 

 

自由な時間をどう使うか

前回の四季報チェックをやっと終わらせました。

高配当優良株と割安株と思えるものに付箋をつけ、ノートに手書きで書き写して銘柄名を記憶する……という、いささか効率の悪いやり方です。にしても、次号がすでに出てしまっているのに遅すぎますね。スピード投資ではなく、目をつけた銘柄を何年も追うスタイルなのですが…これはいい!と思った銘柄はすでに高値となってしまっておりました。

自由に使える時間が増えたのにダラダラとネットを徘徊することにばかり費やしてしまったためです。体調管理と人生の充実のために、ちょっと一日の時間管理を気にしてみようと思います。

ツイッターを四六時中見るのをやめる

②ライン通話で長話をするのをやめる

この2つだけで大方の時間不足は取り戻せることに気づきました。

インターネットがパソコンでしか見られなかった時代から大きく変化し、今やかつての腕時計のように、ネットが体にまとわりついているのだから、それに振り回されて生活を不毛なものにしないよう、気をつけなくてはなりません。

特にツイッターで、人の噂や動向を気にするのは時間の無駄。アカウントを持っていると、「なんとなく嫌いなヤツ」を延々と見続けてわざわざ不愉快になろうとする悪い癖があるため、これを徹底的に削減したい。

 ライン通話の方は、長電話の好きな友人がいるためついやってしまうのですが、これも話している間はほとんど他のことができないので一日何分までと決めておきたいものです。

夕食後の9時から10時、ちょうど風呂を沸かしている時間あたりがいいかな?

 

あとは、作業中に気が散れるのをなんとかしたい。これは、場所を変える、体を動かすなどの気分転換を頻繁にやるしかないか。アップルウォッチを購入したので、指示通りに立ったり歩いたり、深呼吸しよう。

 

管理する手間を増やさないためにも、モノを減らすことも大事。特に衣類は種類や数が増えるほど、手入れや収納にかかる時間と手間、それに収納のための空間も増大するので危険。目指すは黒タートルオンリー族…今や、いつも同じ格好をしていることは別に恥ずかしいことでもないみたいですね。

 

そうして捻出した時間を、本当に自分を快適にすることに使いたいものです。

 

ダラダラ時間を整理するアイデアがたくさん。参考になる漫画です

1日が見えてラクになる!時間整理術! 人生立て直しシリーズ (BooksIKEKYO)

 

食費削減初心者

長時間労働に勤しんでいた時期は、あまり自炊をしない生活でした。よって食費は月額5万円ほどかかっていました。節約のために疲労して、労働ができなくなっては困ると思っていたのですね。しかし労働の第一線から外れてからは、時間が手に入りました。食べるための労働(この食べるために働くという言葉がそこはかとなく嫌いです。不本意な労働で命をすり減らして食べることを考えると己の食欲すら疎ましく思いました)は極力しないと決めたのだから、手間をかけて食費を減らすことも可能となりました。

外食は言うにおよばず、コンビニやテイクアウトも割高なのはよく言われていることです。スーパーのお惣菜も加工品も結構高いので、数日分で5千円行ったりします。

なので、普段の常備食材を決めて、安いものをスーパーで揃えることにしました。

まずは、どこのスーパーでも割と安いもの。

 ・豆腐 1丁28円程度

 ・モヤシ 1袋18〜28円

 ・卵 10個198円

 ・納豆 3個パック100円くらい

 ・バナナ 3本100円くらい

次に、業務スーパーで用意するもの

 ・鶏肉 2キロ1500円の袋入りを買って、小分けして冷凍

 ・冷凍野菜(生の野菜が高い時も価格が安定。刻み玉ねぎなど、便利な品も)

 ・冷凍シャケの切り身など、魚の切り身(トレイ入りのものより割安)

 ・調味料(大容量で割安なものが多い)

 ・乾麺(同じく大容量で割安)

 ・フルーツソース、チョコレートソース(バナナにかけてデザートに)

他には、

 ・主食 コメ(通販で買う)

 ・根菜類(スーパーで安いものを)

買うのは業務スーパーが多いですが、1単位の量が多いので、少量だけ欲しいものは普通のスーパーで。あと、加工品(ハム、ソーセージ、ゼリーやプリンなど)は、あまりにも安いものは味が極端に悪いので避けています。こうして自炊を心がけると、食費は月に19000円程度に抑えることができました。携帯できる飲料が必要な場合は、最近店舗が増えている「ジェーソン」もおすすめ。多種多様なドリンク類箱で格安売りしています。水筒を持参しての外出が一番安いのは確かですが、やはり一本ずつで販売しているものは味がいいですからね。そこは臨機応変にしています。

あとは料理の腕がもっと上がれば、充実した食生活となるのですが。そちらはまだまだです。

★最近話題の「こづかい万歳」、1〜2巻 おこづかい制じゃない人も、色々楽しみながら節約できるヒントが満載。時に暴走する節約術に笑いが止まらない名作です。おすすめ!

定額制夫のこづかい万歳 月額2万千円の金欠ライフ 定額制夫のこづかい万歳 月額2万千円の金欠ライフ (モーニングコミックス)

定額制夫のこづかい万歳 月額2万千円の金欠ライフ(2) 定額制夫のこづかい万歳 月額2万千円の金欠ライフ (モーニングコミックス)

★簡単な自炊節約法の本。著者様はドンキがお好み?確かに最近食材も充実してますね。安売りは業務スーパーだけにあらず。

1週間の食費を3000円に節約!1人暮らしのための自炊術【節約】【料理】【レシピ】

 

 

汚部屋の謎、住環境の価値観

私は中古の一戸建て(築45年)に住んでいます。以前はロフト付きワンルーム木造アパートに居たのですが、親が老いて要介護となったため、戻ったのです。その後しばらくの同居のあとに両親とも相次いで亡くし、今もそのまま住んでおります。売却も考えましたが、とても売れるような代物ではなく、家賃削減のためここに住むしかねえ!という感じです。

昨今実家の問題としてあちこちで聞くのが、介護問題と共に、実家の「ゴミ屋敷化、汚部屋化」です。うちもゴミ屋敷とまでは行かないまでも、だいぶモノ地獄となっており、自分の代になってから快適な生活を送れるように片付けるまで、かなりの労力を要しました。人によっては、親のいるうちから大規模な断捨離、片付けをするようですが、私は親の家ですし、近所迷惑になるとか、片付けに業者を呼ぶほどのレベルではなかったため、生きてる限りは勝手な処分することは避けていました。

で、いざ整理と片付けを開始すると、まああちこちから同じモノが何個も何個も出てきます。日常で使うものはテーブルや棚の上、廊下の床などに並べてあり、引き出しや押入れの中は買ったまま忘れられた商品のヤマ。終戦直後に産まれた世代で、モノが貴重でインフレが進んでいた時に幼少時を過ごしたせいか、とにかく溜め込む。そしてなぜか同じモノでも何個も買うのですね。洗濯バサミが200個くらい、ボールペンは40本、ハサミが20個、爪切りが10個、靴下30組、下着50枚、食品ラップ20本といった具合です。バラバラに押し込まれたそれらを集め、分類し収納し直す。1970年代センスの、朱色の合板でできた歪んだカラーボックスを解体する。庭の真ん中に落ちていたキッチンシンクの蓋(なぜこんな所に…?永遠の謎です)やダストボックスを洗って台所に設置し直す。部屋のあちこちに下げられたレジ袋の中身を確認し、中のガラクタの整理をする。押入れのレジ袋の中身も。ただし、まだ使えるものは捨てずに使用します。

自分自身は、モノを買う事自体があまり好きではなく、贈り物のやりとりなどもあまり好きではありません。反動でしょうね。なるべく買わず、あるもので生活をする。出費削減が第一のセミリタイア生活なので、自分の好みとズレていても仕方ありません。インテリアに凝るようなこともしませんが、モノを増やして飾るより、まずは使い切って減らす。なくなったら初めて購入。新しく買う前に、あるもので代用できないかを考える。例えば、お掃除シートを買う前に、ボロタオルを雑巾にして代用し使い捨てにする、などで、お金はへらず、モノは減り、掃除もできます。徐々に床も棚もスッキリして、見た目も「居るだけでイライラする家」から、「居心地のいい空間」に変化してきました。ゴミ屋敷を業者に頼んで片付けると程度にもよりますが30万くらいかかるようです。親の「負の遺産」だけではなく、オタク趣味の過度な収集癖も生活を圧迫するほどなら、ちょっと考えた方がいいかも?私もあるアーティストの本やCDを集めていましたが、使わないグッズなどは今後は買わないでしょう。少なくとも管理できる範囲に抑えるようにしたいですね。

 

実家に出戻りするのも一苦労!片付けの際に元気付けられた漫画です。

母は汚屋敷住人